不動産全般

AD・広告料 って聞いたことありますか?

こんにちは

今回のお話は別の記事でもこの単語が少し出たと思います。


お部屋探しにどこかの業者に行った人でもこの単語は聞かないと思います。

AD・広告料とは管理会社、オーナーから業者に支払われる報酬になります。

今回は業者の担当の方向けにお話していこうと思います。

管理会社・オーナーによっては、上記報酬を担当個人にくれたり、報酬内で一部を商品券に交換してもらえたりなど、会社ではなく担当個人で受け取れる場合があります。

報酬が高い=決まらない・人気のない物件
そういうこともありますが、全てがそうというわけではありません。

逆に元業者の方などで自分のお部屋を探すときは、報酬の高い物件を探し、報酬をフリーレントに変えたり、初期費用を報酬を減らし安くしたりすることが可能です。
ただお客さんがADや広告料などの単語を使うと業者は慎重になります。
そういうお客さんは安い業者を探しに色んな店舗を回ります。物件を探すだけ探してさようならになることが多いので最初から探さないことも多いです。
何が言いたいかというと、何も言わずとも業者は報酬の高い物件を提示してくるので、『初期費用が今は足りないから引っ越し諦めます』など言えばぐんぐん下がっていきます。
下がらない場合は、報酬が低いか、担当さんが下げないかだけなので次の店舗に行ってみましょう。

私は平社員の時は、固定給20万円そこからの歩合でした。
会社というのは社会保険・年金その他諸々引かれてしまうので手取りが15万円くらいまで下がってしまいます。毎月かかる家賃、携帯代だけでなく若い時は交際費などで給料がまったく足りませんでした。
副業を考えたりもしましたが、ぱっといいものを思いつくことができず、不動産の会社でなんとか稼げるように考えました。
しかし会社も簡単に稼げるルールを使っているはずもなく難しかったです。
そんなときに周りはどうしているのか、観察するようになりました。
不正の宝庫でした(笑)
※もちろん私はしたことありません。その後宅建を取り給料が上がり、役職も上がりその中で給料をやりくりできるようになったので、しませんでした。

私がメインでかけるのは、担当個人にお金が入るそういう仕組なります。
お客さんがこのサイトを見てくれている時は
不動産での仕事がどういうものか知っていれば、今担当がなにか怪しい、と気づくことができたり
どこかの業者の役職の方がこれを見てたら、下の社員の不正を見抜けたりなど
今後不動産で関わっていく中で役に立つときが出てくると思います。

今では独立し私と従業員数人で経営してますが、個人的には若いときに1人の社員として働いたあの頃がとても厳しかったので、そういう方の味方です。
広告料や商品券をもらう際は見つからないようにしましょう。

もらえるものは上記だけでなく、仲介手数料、礼金別の記事で話した鍵交換代などまだまだあります。
そういうのも話せればな、と思います。

今回のまとめは、
①広告料などは担当が個人で貰える方法がる。
②お客さんが知ってれば初期費用を安くすることができる。
③業者の方も、お客さんも報酬を上手く使いましょう
ざっくりこんな感じです

細かく気になればご質問いただければと思います。

ではまた次回。
お問い合わせ