不動産全般

理想のお部屋の出会い方♪

こんばんは。

暑すぎますよね。これからもっと暑くなっていくのかと思うとゾッとします。

今日はタイトル通りお客さんが理想のお部屋にである。といいな。的なことを話していきます。

一人暮らしの条件で最初に思いつくものはお風呂トイレ別が多いような気がします。大阪では5万円以降・東京では7万円以降差はありますがこれくらいの値段になってきます。どちらも中心地から遠くなればなるほど、上記金額よりもお安い物件がでてくることになります。女

性の方だと独立洗面台がほしい。そういう方も多いです。大阪では5万円後半、東京では7万円後半くらいで少し出てくるでしょう。

それでも安い方です。

お部屋を探す時は、条件をビシッと決める。もちろん大事!なんですけど、まずは①家賃②間取り③場所これだけを決めて検索してみてください。検索結果を安い順に並び替えることが可能なので安い順から見ていき自分の探してる理想のお部屋を見つけましょう。

まぁなかなかないと思います(笑)

何が言いたいかというと、100%の希望を叶える部屋に出会うのはとても難しいことです。

新社会人の場合大阪で初任給手取り20万円・東京で初任給手取り22万円。就職する会社によっては、給料の違いや、家賃の補助などで差はでますが上記金額を下回る人もおおいでしょう。

女性の方でそこそこ綺麗で、お風呂トイレ別で、独立洗面台があって治安の良いオートロックマンション。という条件のお客さんが私の会社に来ました。

梅田勤務、希望家賃6万円以内職場まで電車で10分くらいだと助かるということでした。梅田近辺は相場も高く物件がないので、諦め10分以内で通勤しやすく、比較的相場の安いエリアで探しました。

しかしお客さんのイメージは環状線の内側で便利な場所に住みたかったそうで、希望通りの物件が0でした。

要するに、物件を探す時は理想から探すのではなく、自分の希望家賃、場所を決め、そこから探していきましょう。数が多すぎる、希望通りの部屋がでない、そういう場合は相場から外れている可能性が高いです。そこで①エリアを変えて相場の安いとこで探す。②設備を我慢する。③家賃を上げて探し直す。このどれかで探し直しましょう。

私のお客さんは今回物件がありませんでしたので、③を選び69000円の物件を初期費用50000円で契約しました。

こういったように初期費用安いなら家賃高くても、、、など妥協の仕方は様々ですので、自分にあった物件が出ない場合でも、ギリギリの妥協店で根気強く探せばいつが良い物件にである可能性もあります。その可能性は低いですが。

今回は不正の話ではなく、お客さんが希望の物件にであるように。というお話でした。

ではまた次回。
お問い合わせ