不動産全般

保証会社って?

おはようございます。

久しぶりに晴れてますね。

今日は賃貸契約について慣れてない方にお話です。

保証会社ってご存知ですか?
お金かかるならそんなのいらないです。保証人いるんでなしでお願いします。
こういう方ちょこちょこいます。

残念ながら大阪では保証会社+保証人必須。こういう物件が多いのが現在です。
もしくは保証会社+緊急連絡先(保証人なし)という形です。

さて本題ですが、保証会社とは
契約者の方が家賃が払えないときに、代わって大家さんに家賃を立て替え、家賃を払いするのが保証会社になります。もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考ください。
https://www.ur-net.go.jp/chintai/college/201909/000400.html

都心ではほぼすべての物件が保証会社必須となっております。
家賃を滞納してしまった際は建て替えてくれた保証会社に支払いとなります。
保証会社に加入するための費用が初期費用に含まれます。
毎月かかる費用の総額30%や50%、保証人なしの場合は70%や100%とばらばらです。
初回にかかるだけなく、更新料も存在します。1年毎に1万円や、月額かかる総額の1%などばらばらです。
今回なぜこういうことをお話したかというと、そんなのが必須ならお部屋探し辞めます。という方たまにいるので、そういう方に読んでほしいです。
絶対必須なんでこれがいるから引っ越しやめようと思うくらいなら、お部屋を探す前に、『お部屋の契約ってどういうものなんだろう』と調べてからお部屋探ししてください。
家賃だけでは入居できないので、初めての方は、こんなにもかかるの!と思ってしまうかもしれません。

たまに家賃だけで入居可能なキャンペーン物件などもありますが
基本的にはかかります。

初めての方は騙されやすいので、気に入った物件が見つかれば
払うべきものと、払わなくて良いものしっかり調べましょう。

ではまた次回。
お問い合わせ